霧島アートの森 「赤い靴」草間彌生さんの作品を見た

霧島アートの森(KIRISHIMA OPEN-AIR MUSEUM)

JALどこかにマイルで1泊2日宮崎の旅に行って来ました。

初めての宮崎方面、色々と検索してみたら霧島アートの森にある草間彌生さんの作品 「赤い靴」の写真が目に入りました。草間彌生さんの南瓜の作品はよく目にするのですが、靴は初めて見ました。かなり興味があります。草間彌生さんの作品は、実際にこの目で見たことはありません。ぜひ、見てみたいと思いました。

霧島アートの森は、所在地 鹿児島県姶良郡湧水町木場 6340 番地 220です。前日は、宮崎空港からレンタカーで宮崎観光をした後、霧島温泉に泊まりました。そこから、霧島アートの森までは北へくるっと軽く山をまわった感じで到着しました。

雨も降っていたのでほとんど人はいません。ゆっくり見学するのにちょうどいい感じです。

入口に草間彌生さんの作品

霧島アートの森 草間彌生 シャングリアの華

ミュージアムの入口からすでに草間彌生さんの「シャングリラの華」という作品が見られます。ここは入場料を払う前です。なんと贅沢に作られているのでしょう。

霧島アートの森

建物入口に向かう道にも展示があります。

草間彌生さんの赤い靴

草間彌生さんの「赤い靴」は入場料を払ってすぐのところに展示してありました。

霧島アートの森 草間彌生 赤い靴前

大きな赤い靴です。初めて目にした草間彌生さんの作品、南瓜よりもなんだかとても可愛く好感がもてます。ここに来て見ている自分も愛おしく思えました。

屋外作品がゆったりと展示

この展示の後は外です。雨が降っていたので、美術館の常設してある傘を借りて外の展示を見に行きました。

霧島アートの森 展示2

広い敷地に屋外作品がゆったりと展示されています。

霧島アートの森 建物
霧島アートの森 展示1

ちょっと贅沢ないい気分です。

雨の屋外美術館鑑賞は人が少なくて思うように写真も撮れたのですが、景色との融合を考えて作られた作品では、その先の景色が見えず残念でした。

霧島アートの森 屋外作品

関西からは、簡単に行くことができない美術館なので、今回行ってみてよかったです。出来れば、また晴れた日に行ってボーとゆっくり時間を過ごしてみたいとも思います。なんとも贅沢な話です。



宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」

おすすめの記事